アメリカ自転車旅行

11月25日 64日目 New York

いよいよ今日NYに到着する。 朝は早めに7:40出発。州道27を進む。道は走りやすく快適。寒いがそれはいつものこと。

州道27
New Brunswickを過ぎたところ

Elizabethを過ぎた辺りからかなり治安の悪そうなエリアに突入。自動車はおそらく自動車専用になっているだろうUS1,9に行ってしまったのかかなりの大通りなのにまったく車の通りがなくなる。もちろん人もたまにたむろしている怪しい人以外は誰もいない。しかもそんなところで道を見失い小さな道に入ってしまった。 それでも東の方に進みなんとかNewarkのメインストリートへ合流。でもここも治安が悪そう。前に見えるNewarkのダウンタウンへと急ぐ。

ダウンタウンは華やかなネオンがあるけれども少し暗い印象の街。昔のギャング映画に出てきそうな感じ。足早に通り過ぎる。 ここでついに遠くにマンハッタンの摩天楼が見えた。

Newarkのダウンタウン

Harrisonから見たNewark

Newarkを出てHarrisonへ。ここは少し安心できる。まだ11時前だがファストフードでお昼。その後Harrison Aveを進むがHarrisonを出たところで 工業地帯と湿地の道へ突入。交通量も激。ただし路肩は広い。

そしてしばらくいくと工業地帯の向こうに聳え立つエンパイアステートビルを視界に捕らえる。一気に胸が高鳴る。あれがエンパイア。他のビルよりはるかに高い鋭い尖塔が空へと突き出ている美しい建造物。

その先へ行くと新たな道が合流。ただでさえ多かった交通量が2倍になる。しかも路肩がなくなり目の前には橋が。しかし越えるしかない。 橋は舗装されていなく側溝にある鉄網の蓋。アメリカの橋はこういうのが多い。これ自転車にとってはめちゃくちゃ横滑りして走りにくい。 おまけに交通量が半端ではない。右ぎりぎりを走るがすぐそばをトラックが抜いていく。

工業地帯の向こうにそびえる摩天楼
この先の橋が難関。奥に見える左側に行く橋をわたるのではなくそこの分岐を右に進みその先の大きな橋を越える。

エンパイアステートビルディング

そこをなんとか通り抜けJersey Cityへ到着。大きな道から抜け出し中東系、ユダヤ系の人が多く住むところを通る。 ここからは北に向かう。Palisade Aveを探しひたすら北へ。小さな道で信号が多くなかなか進めないが先ほどのような怖さがなく安心。

ここでさらなる困難が。どうもおなかを冷やしたらしく調子がおかしい。急にトイレに行きたくなってきた。 まあまだなんとかなると思うけどファストフード見つけてトイレに行った方がいいかも。

そんなおなかをかばいながら北へ向けて進む。すると途中で小さな公園が。トイレはなかったがニューヨークの街並みを一望できるすばらしく景色の美しい公園。ミッドタウンの高層ビルの集積は桁違い。いままで走ってきて市街地の大きさは東京の方が大きいと感じたがセントラルはやっぱりNYの方がでかい。

途中の公園からのニューヨークの景色

きれいでもっと眺めていたいもののおなかの調子がすぐれない。動いていた方がいいと思い走り出す。それが功をそうしたのかしばらくすると おなかの調子は収まった。一安心。ニューヨーク到着という特別な日をおなかのせいで雰囲気を壊したくないからねぇ。

さらに北へどんどん進む。エンパイアステートビルを南の方向に見るようになってきた。ワシントンブリッジも見える。 また眺めの良い場所がありそこで立ち止まって風景を鑑賞。

と、突然発作のようにおなかの調子が悪くなってきた。しかも猛烈な下痢の感じ。
治安の悪いエリア、恐ろしい交通量の後に最後にして最強の難関がやってきた。
こいつはやばい。神は最後の試練を与えたもうた。

急いで(もう遅いかもしれないが)腹巻を緊急装備。そして腹をかばいながら焦らずファストフードを探す。 顔から血の気が引いてくる。これでもらしたりでもしたら一生の思い出になってしまう。

しばらく行くと大きな公園が!ここなら公衆トイレぐらいあるかもしれない。しかし、今自転車をこぐという動作をしてなんとか抑えているのに いきなり歩くという別の動作をしたらそれこそまずいのでは?そしてもしなかったらどうする?確実にあるところじゃなければだめだ。 レストランやお店に行っても入ってすぐはかしてくれないと思うし。

と、その公園の先にファストフードを発見。急いでいくが信号につかまる。 あああああ、この待ち時間がやばい。早く行かないと…。寒いのに汗が吹き出る。余裕がなくなってきた。 信号が青になり急いでかつ慎重に渡りファストフードへ。店員には目向きもせずすぐにトイレに駆け込むがなんと鍵がかかっている。 誰かが入っているよう。しかももう1人待っている人がいる。

くそーー!!この予断を許さない状況で!!100mぐらい先にもう一つファストフードがあったので急いで辿り着く。 早足で(そして内股で)近づきながらトイレのおおよその位置を確認。入るなりまるで暗殺者が店でくつろぐターゲットに向かって歩いていくように真顔で堂々とトイレの方へ進む。

そしてトイレに入りゴールイン!!

なんという達成感!なんという安堵感!これが大陸横断を達成したときの喜びか!
今アメリカ横断達成だ!!! 思わずトイレの中で拳を握り締めた。よくやった。本当によくここまで我慢できた。ついに最後の試練を乗り越えた。 もう汗びっしょり。トイレの中でしばらく放心状態。

その後チップ代わりにファストフードで今日の夕食がわりのドーナツ2個を買い満ち足りた気持ちで外へ。 そしてジョージワシントンブリッジに突入。

ジョージワシントンブリッジ
ニューヨークにかかる橋はすべて有料高速道路

上の写真の場所から少し戻り曲がると自転車道の標識を発見

その指示にしたがいジョージワシントンブリッジの自転車道へ。

橋の南は摩天楼の大都市が広がり北は森林が目立つ。この橋を境にこうも風景が違うとは。

ジョージワシントンブリッジから見たニューヨークの摩天楼

ジョージワシントンブリッジの自転車道

北側
こちらは森が広がる

ここからはいよいよニューヨーク、マンハッタン。
でも別に達成感などはまったくない。さっきのこともあるし、正直ここがゴールとは思えないもんな。空港まで行って飛行機に自転車を載せないといけないし、成田からは自宅まで自転車で100km近く走らなければならない。 なによりもうあと少しで終わるという寂しさの方がはるかに強い。

橋を渡りマンハッタンに突入。ブロードウェイを進む。ここはアメリカのどの街にもあるようなブロードウェイではなく正真正銘のブロードウェイだ。 バイクレーンがあり快適。マンハッタンはすごく走りやすい。

ユースホステルに行ってみたが$35+自転車預かり代$5。高すぎる。近くのCentral Park Hostelへ。ここは$30 夕方、同じ部屋に日本人の人が来ていっしょにお話。サブウェイできゅうりを二回注文したら店員に笑われたという話で大爆笑。 明日からはニューヨークを歩ける。早くこの街を歩いてみたい。

走行距離 92.7km
平均速度 15.4km
使ったお金 $106.1 内宿泊費 $92 食費 $14.1
総走行距離 6384.7km
総費用/($50(一日辺りの予算)×日数) $2758.8/3200 MCY 3345

次の日へ