アメリカ自転車旅行

11月23日 62日目 Philadelphia

8:30出発。天気予報で言っていた通りすごく寒く風も強い。昨日はあんなに暖かったのに。US13を進みWilimingtonを過ぎてしばらく行くと工業地帯に突入。

Wilimingtonのダウンタウン

工業地帯を過ぎるとまた住宅街へ。Wilimingtonからフィラデルフィアはずっと市街が広がる。さすがアメリカ屈指の大都市フィラデルフィア。
お昼を食べるため郊外のケンタッキーへ入ると客側とスタッフ側が完全に厚いガラスで仕切られていてマイクで注文のやりとり。注文したものは ボックス越しに渡される。この辺それほど治安が悪いとは思わなかったのに。おそらくこの店は前に事件があったのだろう。 客も自分ひとりだけですごく居心地が悪い。早めに食べて店を後にした。

フィラデルフィアのダウンタウン

フィラデルフィアには12:30着。中心部は道路が非常に狭いが2車線のうちの一車線が自転車とバス専用レーンでそれほど苦にはならない。 アメリカの大都市の中心はほとんどの道路が一方通行でバイクレーンも多く設置されているので日本の大都市よりはるかに走りやすい。

シティホール

ダウンタウン中心部

州道611から振り返って見るシティホール

そこから先は一直線に伸びる州道611を使ってUS1,13へ合流。そこからUS13,州道513,BR1と40km以上走るがモーテルが全然見つからない。あったのは高級モーテルHampton innのみ。こんなにないのは初めて。 ワシントンもボルティモアも安そうなモーテルがたくさんあったのになぜフィラデルフィアにはないんだと焦りながら進む。

一直線の州道611

US1,13
US1,13
この辺りは片側5〜6車線もある。

モーテルの近く。ほとんどの交差点で歩行者横断禁止のマークが。

日がちょうど暮れる頃ようやく極めて安そうなモーテル2件を発見。どっちにしようか考えたが道の反対側のモーテルにはIn Room Moviesと書いてあったので迷うことなくそちらを選んだ。しかし値段を聞くとなんと$54!いままで泊まったモーテルの中でも群を抜いて安そう(ボロそう)なのにそんなに高いの! まあIn Room Moviesがついているんだ我慢しよう。

部屋に入るとこれまたひどい。床も壁も汚い。それにドアにこのモーテルを罵倒する落書きがたくさん。鍵も小さい。ここ大丈夫かなぁ。
でも我慢。In Room Moviesのためだもん。

そのメインのIn Room Movies。いままであまりいいものがなかったがここのはなかなかいい感じ。
これならまあ部屋の酷さや価格は目をつぶろう。
しかししばらく見ていると突然消えた!始めは少したてばまたつくようになると思っていたが何時間たっても戻らない。 おいおい!なんのためにここに泊まったと思っているんだ! いつもは控えめだけどこれは怒るよ!

他の番組は変わらず映るのになぜMoviesだけが?もしかしてオーナーが自分の容姿を見て未成年だと判断して回線を切ったのか? 日本人は若く見えるし。 くそう!今からIDを見せに行って21歳以上だから回線をつけてくれと言いに行くか?しかしこんなことで抗議しに行くのもアホらしいし恥ずかしい。
そしてそのまま泣き寝入り。ここに泊まった意味がないじゃん。これじゃあドアに汚い言葉も書きたくなるよ。

その後夜中に目が覚めてちょっとTVをつけてみると復活していた。
でも今はもうそんな気分じゃない。

走行距離 99.3km
平均速度 15.0km
使ったお金 $64.4 内宿泊費 $54 食費 10.4$
総走行距離 6211.8km
総費用/($50(一日辺りの予算)×日数) $2579.9/3100 MCY 3230

次の日へ