アメリカ自転車旅行

10月10日 18日目 Gluff

日の出前

日の出。メサが赤くなっていく。

ビュートの間から日が出てくる。

朝日を見て9時発。やや向かい風の中アップダウンを繰り返す。ずっーーと荒野。行けども行けども荒野。 一直線の上り坂を登っている途中で振り返るとよく写真で見る景色が後ろに広がっていた。

この道を下って上り返し振り返ると下の写真の光景。

西部の風景 モニュメントバレー

モニュメントバレーを過ぎた後も景色は荒野。これがアメリカだ。 きっと車でのドライブならすごく楽しみ、驚きながらこの道を通れると思うけどこの道自転車にとってはアップダウンが多すぎ! それも小さなものじゃなく300mぐらいをゆっくり登って下りはすぐに下るアップダウン。下りは本当にアメリカでは珍しいほど急に下る。 景色はすごいけどすごく疲れる。ヒーコラ、ヒーコラ、バヒンバヒン。

メキシカンハットの近く。この辺で唯一の町。町の手前で一気に下り、めずらしく水が流れている川を渡るとまた登りがつづく。その途中後輪がパンク。前にパンクしたときの穴が大きくパッチがはがれそこから空気が漏れていた。仕方なく最後のチューブに交換。

そしてさらにアップダウンの道を進んでいくと目の前にまるで山脈のような岩盤が!なんだこれは地面が曲がって上に突き出ている。手前はそこに向かって落ち込んでいる。でもあそこを越えなきゃいけないのか。しかも一度下ってから。

岩盤に近づいてきてその下りに差し掛かると一気に下る。道は緩いカーブを描きながら1mileほどで200mも急降下そしてその後は急激な登り。 この下りで自身最高速度78.4kmを記録。えっー!そんなに出ている気はまったくしなかったのに…。

まるで山脈のように地面が持ち上がっている。

断層の底。急に下って急に下る。

その岩盤を登りきった先の光景。また荒野がつづく。ここから振り返ってもさっきの岩盤はただの丘にしか見えない。

Gluffには3時半着。キャンプ場は2件あるがファストフードはなし。ミニマートで毎度おなじみお昼ご飯のスニッカーズ一本を食べ再び自転車に乗ると前輪がパンク。すぐにキャンプ場でパンク修理。
今気がついたけど今日めちゃくちゃ暑い。日差しが強烈。走っているときは道のきつさで全然気がつかなかった。
しかしこんなに暑くてもあまり水飲まないんだよなぁ。走っているときは500mlくらいしか飲まないし。いつも水は3L持っていくがその日の走行が終わっても全然減らない。Ludlow〜Needls間を走っていたときも3,5L持って行ったけど1Lほどしか水を飲まなかった。おそらく痩せていて脂肪がない分熱を外に逃がしやすいんだろうね。

夕方自転車の空気が抜けていることに気づく。再び修理したがまたすぐ抜ける。もう暗くなったし明日また修理しようと決め夕食の毎度おなじみインスタントラーメンを食べ就寝。

キャンプ場。この町の周りは岩の壁に囲まれている。

走行距離 81.0km
平均速度 15.2km
使ったお金 $27.3 内宿泊費 $17.6 食費 $9.7
総走行距離 1564.1km
総費用/($50(一日辺りの予算)×日数) $621.1/900 MCY 720

次の日へ