アメリカ自転車旅行

9月26日 4日目 Victorville

朝8時出発。今日は峠を越えて砂漠に入る。 しかしCajon峠に行く道が工事で迂回しなければならず遠回り。MOTEL6はこの辺りにあるはずだが結局見つけられず。
それでもなんとかCajon Blvdに合流し隣の線路に沿ってまっすぐで緩やかな上りを進む。 アメリカの貨物列車は超大。超長。これぞグレートアメリカン。スケールが違う。

線路沿いのCajon Blvdと二段積みの貨物列車。アメリカの鉄道は西から東までトンネルなしで横断できるらしい。 ちなみに今回の自転車でのアメリカ横断でもトンネルは一度だけ。それもセントルイスの空港の下を通るトンネルのみだった。

しばらく進むと平原は終わり緩やかな谷沿いの上り坂に変わる。 途中いくつも高速道路I-15とのジャンクションがあるが自転車はダメのサインが。やはり最後のジャンクションまでは高速は走れない。

I-15とのジャンクション。(I:Interstate highway アメリカの高速道路)ここは自転車進入禁止。

緩やかな禿山の山道を登りしばらく行くとついに最後のジャンクションが。ここから先は一般道がなくなる。 そしてジャンクションの標識で自転車禁止のサインが黒く塗りつぶされている。ここからI-15に入り進む。さすがに交通量が多い。

最後のジャンクションの標識

しかしジャンクションに入ってすぐ次のジャンクション。マクドナルドがあるのでここでお昼。 砂漠の中で飲むコーラはたとえようもないくらいおいしい。しかもお代わり自由。すばらしきアメリカ。

お昼を食べ再び高速に入る。

I-15

その後ゆるやか〜な果てしなく続くような上りを走り300mほど上ってCajon峠へ。 ここからは目の前に広大な砂漠が広がる。これぞ求めていた景色。わくわくしてくる。 そこから少し下ったところに自転車はここで降りろのサインがありそこから高速と併走する道へ。

Cajon峠

自転車はここで降りろのサイン

そしてしばらく走るとVictorvilleへ。ここは思っていたより大きな街。メインストリートにはファストフードやスーパーがずらり。 砂漠の中で一軒一軒が日本とは比べ物にならないぐらい離れている。そして2階建ての建物が非常に少ない。これだけ土地があったら二階建てにする意味ないもんなぁ。

この街の州立公園のキャンプ場を探すがなかなか見つからない。スーパーを覗いた後自転車に戻ると家族で買い物に来ていた人に声をかけられた。Welcome to America と笑顔で言ってくれ州立公園の場所を教えてくれた。

が、この州立公園思ったより遥かに遠い。ちょっと日本の尺度で州立公園を探していた。そりゃ見つからないはずだ。 街の中のスペースが日本とは比べ物にならないぐらい広大なのでこのくらいの街でも日本の大都市並みの面積。

Mojave narrow regional parkへ向かう道。この辺は住宅街。

一時間走り最後に思いっきり下って目的の州立公園へ。一泊$15。しかしここはまるで砂漠の中のオアシスのように美しい公園。 水鳥がとなりで日光浴をしているのを見ながら夕食のカップラーメンを食べる。 こんなキャンプ場ならもう一泊ぐらいしてもいいかもと思ったがキャンプ場のすぐ脇に線路があり夜中でもガンガン貨物列車が通ってうるさい。 明日はI-15のジャンクションまで戻らないといけないから早く出発しないと…。

州立公園のキャンプ場

非常に穏やかな水面

走行距離 89.5km
平均速度 13.5km
使ったお金 $21.6 内宿泊費 $15 食費 $6.6
総走行距離 328.1km
総費用/($50(一日辺りの予算)×日数)数 $220/200

次の日へ