アメリカ自転車旅行

9月24日 2日目 Los Angeles 市内自転車散歩

朝起きるとなんと10時。しまった朝食を食べ逃した!せっかくのただで食べれる食事だったのに…。12時間も寝てしまった。 昨日に引き続き朝から凹む。

気分を取り直し11時から自転車でSanta Monica Blvdを走りロサンゼルスのダウンタウンへ。道は非常に快適。道路広いし走りやすい。ビバリーヒルズにちょっと寄った後さらに道を進むとなんだか道を間違えたような。進んでも進んでもダウンタウンの高層ビルが前に見えない。どうやらS Santa Monica Blvdを進んでいてそのまま別の道に入ったみたい。すぐ隣を走るNorthを進むべきだったか。たしかに地図で見てもNはまっすぐ進むがSは少し曲がってしまう。今日間違えてよかった。

静かなビバリーヒルズ

オリンピック通りに入るとそこはコリアンタウン。ダウンタウンに向けて4km!もずっとハングルの看板が続く。そこを過ぎると今度はラテン系な感じの街へ。でもごみが散乱していて夜は治安悪そう。このあたりはアップダウンも多く走りにくい。

コリアンタウン

ダウンタウンに入る直前にもわりと大きなアップダウン。しかも治安悪そう。人気が少ないし、店も閉まっている。

そしてロスのダウンタウンへ。ここも静か。人気が少ない。ロスがアメリカの中でも特に車社会だからだと思うがなにか異様に映る。 そういやロスの目抜き通りってどこなんだろう?
そしてこのダウンタウン、高層ビル群は丘の斜面に立っているという感じ。ロスで一番高い US Bank Tower の真下は急坂。なんでこんなところにわざわざ建てたんだろう?ロスは広いから他に土地はいっぱいありそうなのに。

ロサンゼルスダウンタウン。真ん中右の円筒形のビルがUS BANK Tower

US BANK Towerの真下。道が急勾配

シティホール

ダウンタウンに隣接してにはシティホールとリトル東京がある。しかしリトル東京は本当にリトル。 活気がない。さっき巨大なコリアンタウンを見ただけになおさらそう思う。その南には噂どうり治安の悪そうなエリアが。

リトル東京

リトル東京からのロサンゼルスダウンタウン

ロサンゼルスユニオン駅。中央駅なのに非常に小さい。さすが車社会!

シティホール北のチャイナタウン。ここは割りと賑やか

リトル東京を離れシティホール北のチャイナタウンへ。この辺はダウンタウンの周りだけど治安は悪くなさそう。 グルッと周りW Sunset Blvdを通ってサンタモニカへ。途中でバーガーキングに入る。初めてのファストフード。しかしメニューを頼んだ後Which is?と 聞かれる。へ?なにWhich isって?どちら?なんのことかわからないままだったがとりあえず頼んだものはもらえた。

頼んだメニュー。$6.8 ジュースはコップだけ渡されおかわり自由。

そしてその後道沿いにあった99セントショップへ。あまり治安がよさそうでないので店の出入り口の柵にしっかり自転車を固定。 自転車置き場なんてあるはずもない。
中へ入って少し安心。スニッカーズが3つで99セント。よかったサンタモニカのスーパーが高すぎただけだ。 塩コショウや当面の行動食を買いサンタモニカへ。しかしロサンゼルスは広い。さすがに世界最大級の都市圏を持つ都市だけある。 ただ本当にだだっ広いという感じ。

ロサンゼルスに限らずアメリカの都市では大体のところで自転車をバスに載せることができる様子。 でも日本人の感覚だとバスで移動するぐらいの距離なら自転車でいけるんじゃ…。

ビバリーヒルズの丘の上から

サンタモニカへ戻り大きな本屋で地図やキャンプ場の本を見て回る。地図は日本で買ったRANDMcNALLYの地図があるからいいとして キャンプ場の本を買うつもりだったがあまりにも本が厚すぎで買うのをやめた。タウンページぐらいの厚さ、しかも東部と西部で2冊。そして高い。
しかしここでアメリカの安いMOTELが載っている本を見つけた。$16.2。ちょっと高い。でも保険として買っといたほうがいいかも。2時間悩み思い切って購入。 後にこの本はこの旅を通じてもっとも役立つツールになることになった。

明日からいよいよ移動開始だ。

走行距離 74.4km
平均速度 16.2km
使ったお金 $34.4 内宿泊費 $0 食費 $18.2
総走行距離 98.8km
総費用/($50(一日辺りの予算)×日数) $142.3/100

次の日へ