ピピ島のピークシーズンの安宿事情 2009-2010年

下記は2010年1月3日時点での情報です。

プーケット近郊の離島ピピ島の安宿に年末年始の期間に宿泊しました。 以下はそのときの情報です。

12月28日の夕方ピピ島に到着、宿を探しましたが安宿を中心にまだまだ空き部屋が多数ありました。8件ほど見て、 私が泊まった宿はビューポイントへの階段に近いところにあるUP HILL BANGALOWという安宿。丘の斜面にあり、見た安宿の中で最も眺めがよく、さらにシャワールームが広く好印象でした。特に私の泊まった部屋は一番高い場所に位置し、シャワールームの壁は斜面の岩をそのまま使用しタイルもカラフルでした。

以下宿の写真

値段は一泊800バーツと言われましたが5泊するのでということで700バーツ(約1900円)に。 シャワーは水シャワーですが、部屋も広く、なによりテラスからの眺めが良くお勧めです。そしてここはレセプション周辺WiFi無料。 さらに部屋でもWiFiピピネット(1時間100バーツ)のアンテナが検出されるのでWiFi可能です。

他の安宿も大体ファン付シングル500バーツ〜。ドミトリーはあるところが限られていますが250バーツ。 泊まっている期間中ピピ島で最も込んでいた12月31日でも色々な安宿に空き部屋がありました。中級ホテルも同じく。高級ホテルはわかりません。 また現在、さらに新しい宿が続々と建設中ですのでこの時期でも宿の心配はないと感じました。

12月29日(左)と1月1日(右)の代表的安宿The Rock(地球の歩き方にもロンリープラネットにも掲載の宿)空室状況

ちなみに1月2日時点では300バーツのシングルルームも空き部屋があるという状況になっていました。