この写真集について

旅で色々な場所に行き、たくさんの写真を撮りますが、最も自分が写真を撮るのが都市にいるときです。

開発著しい中国やドバイなどの中東の都市は東京の十数年分の変化を一年でしてしまいます。資本が集まり、街のあらゆる場所が工事中で、鉄道や道路が整備され、競うかのように高層ビルが上に伸びていき、人が集まり出すその都市たちに自分はとても大きなエネルギーを感じます。このような急激な発展の真っ只中にある都市もやがてはその成長も鈍化し、都市としての落ち着きを得る段階に入っていき、そして急激な成長は、また資本と人が集まりだした新たな国、新たな場所の都市に移っていくことと思います。

その急激な発展の最中にある都市、そしてその急激な発展の現場を多く写真に撮っていますが、その写真の対象となった場所は数ヶ月もすればまったく様変わりしてしまう場所でもあります。急激な発展の中にあるその成長のエネルギーを写真に捉えたい。そう思い、これらの写真集を作っております。

もちろんこれらの急激な開発、環境の変化に伴う色々な問題も伴ってこれらの都市は成長していきますが、変化し続ける都市という巨大な芸術作品のアウトラインが形作られるさまに自分は大いに惹きつけられます。