ヨーロッパ自転車旅行

7月19日 17日目 St-Martin-de-C

朝キャンプ場から一度坂を下りビーチへ朝の散歩。その後キャンプ場に戻り出発。 Cassisからマルセイユの間は高原を思わせる風景が続くきれいな道。海に近いところという気がしない。 マルセイユという大都市のすぐ近くなのに。

朝のCassis

マルセイユへの道の途中からCassisの断崖を望む

マルセイユへの道

まるで山沿いを走っているよう

マルセイユは思ったよりかなり大きな街。ここからアルル方面への道を探し発見するもその道がなんとツールドフランスのコース。 しかもスタート前で完全に封鎖。観客もたくさん。これでは進めない。くそうツールドフランスめ。 すぐに別の道を探すことに。坂を上ったり下りたり工場地帯に迷い込んだりして2時間後に先ほどの場所へ戻るとツールドフランスが通過した後で 歩行者の交通規制が解除されていた。

マルセイユ

マルセイユの大通り

ツールドフランスが通った後の道を進む。まだ自動車に対する規制は解除されていない様子でガラガラ。警官も観客もたくさんいて最後の走者?の僕に 拍手を送ってくれたり声をかけられたりする。うれしいけどちょっと恥ずかしい。

ツールドフランスの通った後の道

アルル方面へと進む道の途中。右のExitに入り陸橋の上から

キャンプ場

その後マルセイユを抜けMartigues経由でアルル手前のSt-Martin-de-Cへ。町にはキャンプ場が二つあると書いてあったが標識のサインに従いアルル方面へ向けて町を出ても一向にキャンプ場が現れない。しばらく行って左折しさらに1kmほど行ってようやくキャンプ場発見。 自転車で来たからと10.5ユーロから6ユーロにまけてくれた。
あまったお金でキャンプ場のレストランでピザを注文。 ちゃんとグラスやナイフ、ナフキンもセッティングしてくれた。英語でしゃべってくれるしすごく親切。 フランス人は英語を話さないというがフランスに入ってそんな風に思ったことはまったくない。道を聞いても買い物をするときも英語で声をかけてきて親切にしてくれる。

走行距離 123.1km
平均速度 15.3km
使ったお金 20.4ユーロ
総走行距離 1331.3km
総費用 318ユーロ

次の日へ